メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府

風水害で災害対策本部設置されず 明確な基準なく

 台風21号が直撃し、大規模停電や関西国際空港の浸水被害が起きた大阪府では、知事が指揮を執る災害対策本部は設置されなかった。大阪北部地震のような突発の地震災害は震度6弱以上で自動的に設置する基準があるが、風水害は気象予報などで準備ができるため、明確な基準がない。風水害に対する構えが問われ、設置を巡る判断の難しさも課題に残った。

 府は災対本部などの設置基準を「災害等応急対策実施要領」で定める。台風接近に伴い府は4日午前4時56…

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1189文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです