メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中首脳会談

安倍首相、率直な意見交換できた 内容要旨

 【ウラジオストク小山由宇】安倍晋三首相が12日の習近平国家主席との会談後、同行記者団に語った内容の要旨は次の通り。

    ◇

 先ほど習近平国家主席と首脳会談を行った。大変くつろいだ雰囲気の中で率直な意見交換をすることができた。

 日中両国は悠久の歴史をともにつむいできた隣国であり、切っても切れない関係だ。そして世界の第2位、第3位の経済大国であり、世界の平和と繁栄について、ともに協力関係を進めていく責任を共有しているという共通認識を持つことができている。この大局のもと、日中が友好関係、協力関係を深めていく、その共通認識を改めて確認した。そして、この地域だけではなく、グローバルなさまざまな課題についても意見交換を行うことができた。

 また、朝鮮半島の非核化を実現することは日中共通の目標であり、今後、緊密に連携していくことで一致した。日朝平壌宣言に基づいて国交正常化を目指すというわが国の方針に変わりはない。拉致問題の早期解決に向けたわが国の立場について、中国の完全な支持を得ることができた。

 昨年の11月、ベトナムのダナンで首脳会談を行い、日中関係の新たなスタートを切って以来、順調に改善は進んでいる。初めての電話首脳協議を行うのみならず、政治、経済、あらゆる面で日中関係は大きく改善の方向に動いてきた。

 日中平和友好条約締結40周年の大きな節目に当たり、こうして積み上げてきた両首脳同士の信頼関係の上に、「来月にも私の中国訪問を歓迎する」との発言が(習氏から)あった。そして、私の訪中に向けて調整を進めていくとことで一致した。両首脳の往来によって両国の関係をまさに新たな段階に押し上げ、北東アジアの平和と繁栄の礎を築き上げていきたいと考えている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです