メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

午前終値92円安の2万2571円

 12日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。前日の米国株高を受けて買い注文が先行したものの、最近の上昇の反動から高値を警戒した売り注文に押された。下げ幅は一時100円を超えた。

     午前終値は前日終値比92円93銭安の2万2571円76銭。東証株価指数(TOPIX)は12.27ポイント安の1686.64。

     11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、新製品発表会を控えた米IT大手アップルの上昇が寄与し、3営業日ぶりに反発した。東京市場はこの流れを引き継ぎ、買い優勢で始まった。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
    2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
    3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
    4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです