メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご当地ナンバー

「ひこにゃん」が登場 滋賀・彦根市

完成した彦根市のご当地ナンバープレート。右が一般用、左が事業者用=滋賀県彦根市大東町の市役所で=2018年9月10日、西村浩一撮影

 滋賀県彦根市のマスコットキャラクター「ひこにゃん」をあしらった市のご当地ナンバープレートが完成した。125CCまでの小型バイクなどが対象で、交付は10月1日から。既存のプレートからの交換や新規での取得の事前申請を、今月18日から受け付ける。

     ご当地ナンバーは縦10センチ、横20センチで一般的なナンバーより横幅が3センチ長い。市民らの投票で選ばれたデザインは、ひこにゃんの顔がアップで描かれている。背景の色は、50CC以下=白▽50CC超90CCまで=黄色▽90CC超125CCまで=桃色▽三輪などのミニカー=青--となっている。

     交付は10月1日午前8時半からだが、今月18~28日に市役所税務課(大東町)で事前申請を受け付け。番号は希望できず、抽選により決まる。10月1日以降は受け付け順に番号が交付される。

     また、同時に交付が始まる事業所用のご当地ナンバーも、排気量に応じた4種類が発表された。

     問い合わせは市税務課(0749・30・6140)。【西村浩一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
    4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
    5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです