メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空被害

伊丹空港への増便容認 神戸も受け入れ方針

大阪伊丹空港=2017年9月21日、本社ヘリから川平愛撮影

 台風21号の影響で大幅減便を強いられている関西国際空港の代替として、国土交通省が要請していた大阪(伊丹)空港と神戸空港での国際線を含む増便の受け入れが事実上決まった。伊丹空港の周辺市でつくる「大阪国際空港周辺都市対策協議会」(10市協)が12日、40回の増便を容認した。神戸空港を所有する神戸市も30回の増便を受け入れる方針。発着が通常の2割にとどまる関空が復旧するまでの特例・暫定的な措置となる。

 国交省は伊丹で国際線を含む40回の増便と運用時間(午前7時~午後9時)の夜1時間延長、神戸では運用…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1205文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです