メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

厚真愛した課長も犠牲に まちづくり担う

地震で亡くなった厚真町役場職員の中川信行さんの机に手向けられた花=同町役場で2018年9月11日、和田大典撮影
中川信行さん=本人のフェイスブックから

 最大震度7の地震に襲われ、36人の犠牲者を出した北海道厚真町。住民人口34人のうち19人が犠牲になった吉野地区では、町政を支えてきた町理事兼まちづくり推進課長の中川信行さん(62)と妻久美子さん(58)が命を落とした。町役場の同僚は早すぎる死にショックを隠せないが、中川さんへの思いを胸に町の再建に取り組む。

 窓から日が差し込む町役場1階。机には花を生けた花瓶が置かれていた。「まちづくり推進課長」の名札は置かれたままだが、主はもういない。部下だった同課主査、江川允典さん(38)は「『疲れてきたら早く帰れ』と気遣ってくれる優しい上司だった」と目を赤くした。

 中川さんは東京農業大を卒業後、1979年に町役場に入った。農業畑を歩んだ後、まちづくりに長年関わった。町の魅力を高めて人口減に歯止めをかけようと、農業体験ができるグリーンツーリズムを推し進め、移住・定住に力を入れた。ここ数年、町外からの転入者は年間で20人ほど。江川さんは「中川さんが中心となってつくった政策が貢献していた」と話す。

 60歳で定年退職するはずだったが、町は理事職を新しく設けて引き留めた。中川さんはまちづくり推進課長を兼ねる形で現場にとどまった。

 町中心部の町営団地に住んでいたが、母親が亡くなったことをきっかけに2017年春、妻の実家がある吉野地区に転居した。ついの住み家に選んだ地であの日、地震による土砂崩れにのみ込まれた。

 「中川さんを失い、悔しく悲しい気持ちは当然ある。中川さんが生きていたら『しっかり支援をやれ』と言ったはず。やれることをしっかりやる」。目の前にある課長席を見ながら、江川さんは表情を引き締めた。【畠山嵩】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです