メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港投資ファンド

パイオニアに資金支援へ 数百億円

9月の借入金返済にめど

 経営不振のパイオニアは投資ファンドから融資を受ける調整に入り、9月下旬に期限が迫る銀行借り入れの返済を乗り切れる公算が大きくなった。しかし、主力のカーナビ事業の不振で抜本的な再建策は見えず、かつてのオーディオ名門企業の経営は迷走している。

 パイオニアは香港を本拠とする「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」から数百億円を調達すると近く発表したい考え。関係者によると、ベアリングはデジタル地図を手掛ける子会社を担保に取る予定だ。

 ファンドの貸し付け条件は銀行よりも厳しい。ベアリングは融資が焦げ付く恐れがある場合、貸出金を株式に…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文697文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです