メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大手百貨店

平成最後のおせち 商戦が早くもスタート

松屋銀座が提案する「ザ・ペニンシュラ東京」が手掛けたおせち=共同

 平成最後となる正月に向け、大手百貨店が2019年用のおせちを発表し、商戦が早くも始まった。松屋銀座は世代別におせちを用意し、高島屋では漫画家、手塚治虫さんの生誕90周年を記念したおせちをそろえるなど、各社は工夫をこらしている。

 松屋銀座は平成を代表する世代ごとの商品を発表。50~60歳の「バブル世代」向けにはホテル「ザ・ペニンシュラ東京」が手掛ける16万2000円の「和洋中三段重プレミアム」を提案。今月引退する歌手の安室奈美恵さんと同じ4…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです