メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大手百貨店

平成最後のおせち 商戦が早くもスタート

 平成最後となる正月に向け、大手百貨店が2019年用のおせちを発表し、商戦が早くも始まった。松屋銀座は世代別におせちを用意し、高島屋では漫画家、手塚治虫さんの生誕90周年を記念したおせちをそろえるなど、各社は工夫をこらしている。

 松屋銀座は平成を代表する世代ごとの商品を発表。50~60歳の「バブル世代」向けにはホテル「ザ・ペニンシュラ東京」が手掛ける16万2000円の「和洋中三段重プレミアム」を提案。今月引退する歌手の安室奈美恵さんと同じ4…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです