メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

収穫期を迎え、鈴なりになったピスタチオ畑を案内する生産担当者のダビン・アビリスさん=米西部カリフォルニア州フレズノ近郊で2018年8月31日、清水憲司撮影

農地、3倍に広がり、価格も3倍 あふれる緩和マネー

 リーマン・ショックから10年。危機の教訓は生かされているのか。現場を歩いた。

 約700ヘクタールの広大な農地に、黄色の実を鈴なりにつけた42万本の樹木が並ぶ。8月末、米西部カリフォルニア州フレズノ近郊にあるピスタチオ農場は収穫期を迎えていた。ブドウ畑などを転作した農地はこの10年で3倍に広がり、価格は3倍の値が付くほどの「開発ラッシュ」だ。

 「リーマン・ショックで多くの人が仕事や土地を失ったが、ピスタチオには幸いだった。世界の投資家が注目…

この記事は有料記事です。

残り3052文字(全文3299文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです