メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西空港

閉鎖1週間 企業物流とインバウンド今後も懸念

滑走路が浸水した関西国際空港=2018年9月4日午後5時55分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 台風21号が日本列島を通過してから11日で1週間。浸水した関西国際空港が機能不全に陥っている状況は、企業物流や訪日外国人(インバウンド)に支えられた観光に大きな打撃を与えている。関空の全面復旧までに時間がかかれば、関西経済に深刻な影響を与えかねない。【岡奈津希、小坂剛志、加藤美穂子、釣田祐喜】

 「電子部品は迅速に届けることが不可欠。関空の早期復旧を期待したい」。ロームは関西などの拠点で生産した電子部品の半製品を空輸し、中国などで加工して製品化している。関空が浸水してからは、生産拠点から離れた成田空港などからの代替輸出を余儀なくされている。

 大阪税関によると、2017年の関空経由の輸出額は近畿2府4県全体の34%、輸入額は27%。輸出では…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1164文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです