メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮担当特別代表

南北連絡事務所の14日開所に理解か

ビーガン氏、韓国で外相や統一相と相次いで協議

 【ソウル堀山明子】10日から韓国を訪問中の米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は11日、康京和(カン・ギョンファ)外相や趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相と相次いで会談し、南北首脳会談(18~20日に平壌で開催)を控え、北朝鮮の非核化と南北経済協力の連携などについて協議した。ビーガン氏は韓国高官との一連の会談で、北朝鮮・開城(ケソン)で準備中の南北連絡事務所開所に理解を示したものとみられる。

 聯合ニュースによると、統一省関係者は11日、開城で準備中の南北連絡事務所の開所は14日になるとの見…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです