メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鎌倉・建長寺

親子向け朗読会700回 木久扇さんも参加

古都・鎌倉の建長寺で親と子の朗読会を700回続けたNPO「日本語の美しさを伝える会」の伊藤玄二郎会長。地元ゆかりの落語家、林家木久扇師匠の漫画展を記念イベントとして開催した=2018年8月14日、神奈川県鎌倉市で中澤雄大撮影

 神奈川県鎌倉市の名刹(めいさつ)と知られる建長寺で2005年1月から13年以上、毎週土曜午前に親子向けの朗読会が開かれており、通算700回に達した。主宰するNPO法人「日本語の美しさを伝える会」の伊藤玄二郎会長(74)は「当初の目標は100回ぐらいできればと考えていました。嵐の日も雪の日も休むことなくやってきましたが、これほど長く続けられるとは思いもしませんでした」と顔をほころばせる。

 始めたきっかけは「ゆとり教育」の中で、時間をもてあます子供が増えていたためという。「誰もが勉強やス…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです