メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松竹

京都南座12月顔見世演目を発表

 松竹は11日、耐震改修で休館していた京都・南座の新開場などを記念し、11月から2カ月連続で開かれる「吉例顔見世興行」の12月分の演目と出演者を発表した。

 昼の部(午前10時半)は「寺子屋」「鳥辺山心中」「ぢいさんばあさん」「新口村」。夜の部(午後4時50分)は「義経千本桜」「面かぶり」「弁天」「三…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです