メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不適切表示

和牛確認無く「A5」 ステーキ店に措置命令

 インターネットショップで販売していた和牛を確認もなく最高ランクのA5と表示したのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、大阪府は11日、ステーキ店「ステーキカッポー恒(つね)づね」を運営する大阪府枚方市の会社に対し、再発防止を求める措置命令を出した。同市のふるさと納税の返礼品としてこの和牛を受け取った寄付者が「味がおかしい」と同市に指摘し、不適切な表示が発覚したという。

     府によると、同社は2015年11月~18年1月、ネットショップで販売していた和牛を仕入れ業者に書面での確認をしないままA5ランクと表示していた。また、同市のステーキ店で雄牛を提供していたにもかかわらず、メニューに「融点の低い雌牛のみを使用」などと記載していた。

     同社の代理人は毎日新聞の取材に「コメントできない」としている。【津久井達】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです