メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

「体は動いてる」御嶽海、3連勝に「いつも通り」

はたき込みで玉鷲を降し顔から流血する御嶽海=東京・両国国技館で2018年9月11日、宮間俊樹撮影

大相撲秋場所3日目(11日)

 物言いがついた最初の相撲も、御嶽海は「勝ったのは自分」と落ち着いていた。取り直しの相撲は快勝し、三役以上との今場所初対戦を乗り切った。

 最初の一番。玉鷲の右ハズで上体を起こされて後退。右に回り込むも対応が遅い。逆に懐に入られて再び下がる。土俵際で捨て身の首投げで逆転を狙ったが、自らも土俵下に頭から落ちた。軍配は御嶽海に上がったが、同体と判断された。

 次の一番は、立ち合いからあてがって、今度は逆に玉鷲の上体を起こした。相手が何とか頭を付けてこようと…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです