メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

連日の逆転で3連勝の稀勢の里 いつも通り淡々と

稀勢の里(左)が突き落としで豊山を降す=東京・両国国技館で2018年9月11日、宮間俊樹撮影

大相撲秋場所3日目(11日)

 稀勢の里が連日の逆転相撲で3連勝。初顔の豊山の激しい突っ張りをこらえ、左四つ右上手の万全の形で出た。だが、粘る相手に小手に振られると、頼みの上手を離してしまい、左の差し手も抜けた。逆に懐に入られて一気に土俵際に追い込まれた。館内に悲鳴も響く中、左右から揺さぶりながら懸命に残し、最後は左からの突き落とし。軍配は稀勢の里に上がり、物言いでも覆らなかった。

     進退を懸ける場所で際どい勝負を辛くも制した横綱は、「また、明日からしっかり集中してやりたい」。薄氷を踏む白星で昨年5月の夏場所以来の3連勝を決めても、いつも通り淡々と振り返った。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです