メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

蹴る前に「パフォーマンス考えた」堂安

【日本-コスタリカ】後半、相手GKをかわし、シュートを放つ堂安=パナソニックスタジアム吹田で2018年9月11日、小出洋平撮影

 ○日本3-0コスタリカ●(11日、パナソニックスタジアム吹田)

 シュートを打つ前に「ゴールパフォーマンスを考えていた」と笑って言うのだから、堂安律(フローニンゲン)はやはりただものではない。まだ20歳、初めてのA代表の試合にもかかわらずだ。「すごく緊張した」との言葉も見繕ったようにさえ聞こえてしまう。それほどまでに持ち味を発揮した上々のデビュー戦だった。

 パフォーマンスを考えるほどまでの決定的な場面は後半14分。相手DFの裏へと抜け出し、小林悠(川崎)…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文575文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです