メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『襲来』『有馬稲子』ほか

今週の新刊

◆『襲来』帚木蓬生・著(講談社/上税別1700円・下税別1600円)

 帚木蓬生(ははきぎほうせい)『襲来』は、圧倒的な読みごたえの上下巻。鎌倉時代、安房(あわ)の国に生まれた日蓮は、浄土宗を批判し、「南無妙法蓮華経」を唱え、辻説法で信者を増やす。そして乱世に外敵の襲来を予言し、警鐘を鳴らした。

 日蓮の弟子で、漁師育ちの無学な若者・見助(けんすけ)が『襲来』の主人公だ。一身を日蓮に捧(ささ)げ…

この記事は有料記事です。

残り1608文字(全文1810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです