メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『ヒロインズ』ケイト・ザンブレノ 著

言葉で胸ぐらを掴(つか)む 差別すんな、物言わせろ

◆『ヒロインズ』ケイト・ザンブレノ/著 西山敦子/訳(C.I.P.BOOKS/税別2300円)

 医大の入試で女性が一律減点されていたとの差別が発覚しても、医師にアンケートを実施したら過半数が理解を示したんです、などという結果を示し、「しょうがないよねモード」で乗りこなそうとするメディアの鈍感さは、この手の報道機関が相変わらず女性に不寛容であることを知らせる。女性が女性であることを理由に得点を下げられた。その時に、医師の声を優先すべきではない。なぜ、潰された女性の存在に目を向けないのか。

 なぜか。潰されてもいいと思っているからだ。本書を貫くのは、潰されねぇよ、と跳ね返す意志だ。モダニズ…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文943文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  2. コトバ解説 「被爆」と「被曝」の違い
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです