メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『パクチーとアジア飯』阿古真理・著

食卓に新しい風を送るスパイシーな味と香り

◆『パクチーとアジア飯』阿古真理・著(中央公論新社/税別1600円)

 台所に立つ前に、まだつくったことのないものやご無沙汰のものに着手しようとレシピを探すようなやる気のある日と、食卓のイメージの輪郭が描けない日がある。後者の場合、とりあえずなにか炒めよう、というところにおさまりがちだ。そんな弱ったときの拠(よ)り所(どころ)、炒めものは、そもそも中国料理が普及する過程で戦後に定着したもので、ガス火で「安定した火力で料理できる」ようになり、台所には換気扇が設置されているのが当たり前になってからだと『パクチーとアジア飯』にはある。そう、炒めものも「アジア飯」なのだった。

 ベトナムの生春巻き、南インドのカレー定食「ミールス」などアジア大陸のメニューが、どんな経緯で日本で…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文919文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです