メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『ぼくの兄の場合』ウーヴェ・ティム 著

目をふせて沈黙し責任逃れをしたすべての者たちに放たれる鋭い矢

◆『ぼくの兄の場合』ウーヴェ・ティム/著 松永美穂/訳(白水社/税別2200円)

 ドイツの作家ウーヴェ・ティムは1940年の生まれ。16歳年上の兄がいたが、1942年、18歳のときに志願して武装親衛隊に入隊。翌年、東部(ウクライナ)戦線で重傷を負い、死去。残された遺品のなかに戦地でつづった日記と少しばかりの手紙があった。

 兄が戦死したとき、作者は3歳だった。「夢の切れ端」のような記憶しかない。この兄をもっとよく知るため…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1494文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです