メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『ぼくの兄の場合』ウーヴェ・ティム 著

目をふせて沈黙し責任逃れをしたすべての者たちに放たれる鋭い矢

◆『ぼくの兄の場合』ウーヴェ・ティム/著 松永美穂/訳(白水社/税別2200円)

 ドイツの作家ウーヴェ・ティムは1940年の生まれ。16歳年上の兄がいたが、1942年、18歳のときに志願して武装親衛隊に入隊。翌年、東部(ウクライナ)戦線で重傷を負い、死去。残された遺品のなかに戦地でつづった日記と少しばかりの手紙があった。

 兄が戦死したとき、作者は3歳だった。「夢の切れ端」のような記憶しかない。この兄をもっとよく知るため…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1494文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです