メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

「パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ」で「デルモンテ PANTO」合計6,000本を無料配布!(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

「デルモンテ PANTO 太陽と情熱のガスパチョ」「デルモンテ PANTO バジル香るトマトサラダ」

9月12日

キッコーマン株式会社

日本最大級の“パンの祭典”「パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ」で
パンと一緒に楽しむトマト飲料「デルモンテ PANTO」
合計6,000本を無料配布!

キッコーマン飲料株式会社は、9月15日から17日の期間で開催予定の、日本最大級の“パンの祭典”「パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ」に出店し、パンと一緒に楽しむトマト飲料「デルモンテ PANTO」シリーズを、合計6,000本無料で配布します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809107730-O1-fJ6K2ZaF

■「デルモンテ PANTO」シリーズを合計6,000本配布!

キッコーマン飲料株式会社は、9月15日から17日の期間で開催予定の、日本最大級の“パンの祭典”「パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ」に出店します。
会場では、FacebookあるいはInstagramで、デルモンテ公式アカウント「デルモンテ365プロジェクト」をフォローしていただくか、「いいね!」を押していただいた方に、パンと一緒に楽しむトマト飲料「デルモンテ PANTO」シリーズ合計6,000本を、無料で配布します。

                    記

1.配布場所 横浜赤レンガ倉庫イベント広場内「デルモンテ PANTO」ブース

2.配布期間 9月15日・16日(11:00~19:00)、9月17日(11:00~17:00)

3.配布商品 「デルモンテ PANTO 太陽と情熱のガスパチョ」と「デルモンテ PANTO バジル香るトマトサラダ」の2本セット

4.商品の受け取り方法
①FacebookあるいはInstagramで、デルモンテ公式アカウント「デルモンテ365プロジェクト」をフォローするか、「いいね!」を押してください。
②「デルモンテ PANTO」ブースのスタッフに、スマートフォン・携帯電話等で上記①の画面を見せていただいた方に、商品をお渡しします。
*スマートフォン・携帯電話等をお持ちでない方は、アンケートにご回答いただくことで、商品をお渡しします。

5.配布本数 1日あたり2,000本(1,000セット)、3日間合計6,000本(3,000セット)

6.備考 商品がなくなり次第、配布は終了させていただきます。

                            以上


(参考情報)

■パン一緒に!「デルモンテ PANTO」シリーズ
「PANTO」シリーズは、“パンを食べる朝や昼の食事よりおいしく、健康的に”という想いを込めて、トマトジュースや野菜ジュースの開発力を活かしてつくった飲料です。
PETボトル入りの「PANTO 太陽と情熱のガスパチョ」、「PANTO バジル香るトマトサラダ」に加え、10月1日に、温めても冷やしても飲める紙容器入りの「PANTO ミネストローネ風 11種の野菜ポタージュ」を全国で新発売します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809107730-O3-1054q7QO
*新商品の「PANTO ミネストローネ風 11種の野菜ポタージュ」は、イベントでの無料配布はありません。

■「パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ」について
「パンのフェス2018秋 in 横浜赤レンガ」は、ぴあ株式会社と日本出版販売株式会社が共同で開催する、神奈川県の人気店から、全国各地の名店まで、パン屋さんが大集結するイベントです。2016年3月に初開催した日本最大級のパン・イベントで、2018年3月に開催した「パンのフェス2018春」では、約13万人が来場しました。



「デルモンテ PANTO ミネストローネ風 11種の野菜ポタージュ」

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです