メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

リヴァプール、構想外のマルコヴィッチをリザーブチーム降格に

情報提供:サッカーキング

リヴァプールに所属する マルコヴィッチ [写真]=Getty Images
 リヴァプールはセルビア代表FWラザル・マルコヴィッチを主に23歳以下のユース選手たちがプレーするリザーブチームへ降格させたようだ。イギリス紙『リヴァプール・エコー』が11日に報じている。

 同メディアによると、ヨルゲン・クロップ監督の構想から外れている同選手は、リザーブチームでトレーニングをするように命じられたのこと。同選手は今夏の移籍市場でアンデルレヒトへの移籍が濃厚だと報じられていたが、結局交渉がまとまらなかったためリヴァプールに残留していた。

 現在24歳のマルコヴィッチは2014年にベンフィカから約2000万ポンド(約29億円)の移籍金でリヴァプールへ移籍。しかしその後は定位置を確保できず、フェネルバフチェやアンデルレヒトなど4つのクラブへのレンタル移籍を経験した。プレミアリーグでは通算19試合に出場している。

【関連記事】
●リヴァプール、MFマルコヴィッチが移籍へ…クロップ監督の構想外か
●CL本戦初出場のツルヴェナ・ズヴェズダ、ホーム戦チケットが3時間で完売
●S・ラモス「脅迫を受けていた」…CL決勝で犯したサラーへのファールが原因
●ヘンダーソン、若手ラッシュフォードを称賛「将来重要な選手になる」
●グリーズマンが最優秀選手を選出したFIFAに苦言「W杯王者から選ばれないなんて…」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです