メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

元ミランのボアテング、セリエA復帰の理由を語る「おいしいパスタがある」

情報提供:サッカーキング

サッスオーロに所属するボアテング [写真]=Getty Images
 今夏にサッスオーロへ加入した元ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングがインタビューに応え、セリエAへ復帰した理由を語った。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が11日に伝えている。

 ボアテングは「移籍の理由は二つだ。まずは家族。ミラノに住んでいる家族のもとに戻りたかったんだ。少しでも近づくことができたね。もう一つはパスタだよ。おいしいパスタがあるんだ。最近レストランへ行ったけどとても良かったね。キッチンでもパスタを愛している。サッカー選手は脂肪の取り過ぎに注意が必要なのさ」とユーモアを交えて語った。

 現在31歳の同選手は2010年からの3年間と、2015ー16シーズンの後半戦にミランでプレーし、背番号「10」を背負った時期もあった。ラス・パルマスを経て昨シーズン開幕前にフランクフルトへ加入すると、年間を通してレギュラーとして活躍し、DFBカップの優勝に貢献した。サッスオーロへ移籍した今シーズンはミラン時代以来となるセリエAの舞台で、早速2得点を記録している。

【関連記事】
●バルサとローマがまたも因縁の争奪戦…サッスオーロFWベラルディ獲得か
●15歳でベンチ入りも活躍できず…ミラン退団の“神童”MF、ギリシャ移籍決定
●バイエルン残留のボアテング…PSG移籍不成立の理由は高額移籍金
●PSGが狙うボアテング、バイエルン残留が有力に…ヘーネス会長が言及
●インテルのスパレッティ監督、審判への侮辱で約127万円の罰金処分へ

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです