メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

J2栃木、ディオゴ・フェレイラとの契約を解除…7月に選手登録抹消

情報提供:サッカーキング

栃木SCがディオゴ・フェレイラとの契約解除を発表
 栃木SCは12日、元U-23オーストラリア代表DFディオゴ・フェレイラとの契約を、双方合意のうえで解除することが決まったと発表した。同選手が9日にすでに帰国している旨も併せて発表されている。

 ディオゴ・フェレイラは1989年生まれの28歳。オーストラリアのグリーンガリーSCやポルトガルのポルト、ADオエイラスでプレーした。メルボルン・ビクトリーやブリスベン・ロアー、パース・グローリーといった母国クラブを渡り歩いた後、インドネシアのプルシブ・バンドン、マレーシアのペナンFA、インドにモフン・バガンACに所属。今年2月20日に栃木への完全移籍加入が発表された。

 しかし加入後、ディオゴ・フェレイラは公式戦の出場機会を得られず。7月20日には選手登録抹消が決まったと発表されていた。契約解除にあたり、同選手は以下のようにコメントしている。

「この度、クラブを退団してオーストラリアへ帰国することとなりました。日本で素晴らしい経験をさせていただき感謝しています。 栃木SCの今後の幸運と発展を祈っています。ありがとうございました」



【関連記事】
カタールW杯に思いを馳せて…サッカーキング編集部が4年後の『日本代表 ベストイレブン』をセレクト!
王者の惨敗、開催国の意地、VAR、追放、賭け、乱入…ロシアW杯で起きた16の出来事
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです