メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

J2栃木、ディオゴ・フェレイラとの契約を解除…7月に選手登録抹消

情報提供:サッカーキング

栃木SCがディオゴ・フェレイラとの契約解除を発表
 栃木SCは12日、元U-23オーストラリア代表DFディオゴ・フェレイラとの契約を、双方合意のうえで解除することが決まったと発表した。同選手が9日にすでに帰国している旨も併せて発表されている。

 ディオゴ・フェレイラは1989年生まれの28歳。オーストラリアのグリーンガリーSCやポルトガルのポルト、ADオエイラスでプレーした。メルボルン・ビクトリーやブリスベン・ロアー、パース・グローリーといった母国クラブを渡り歩いた後、インドネシアのプルシブ・バンドン、マレーシアのペナンFA、インドにモフン・バガンACに所属。今年2月20日に栃木への完全移籍加入が発表された。

 しかし加入後、ディオゴ・フェレイラは公式戦の出場機会を得られず。7月20日には選手登録抹消が決まったと発表されていた。契約解除にあたり、同選手は以下のようにコメントしている。

「この度、クラブを退団してオーストラリアへ帰国することとなりました。日本で素晴らしい経験をさせていただき感謝しています。 栃木SCの今後の幸運と発展を祈っています。ありがとうございました」



【関連記事】
カタールW杯に思いを馳せて…サッカーキング編集部が4年後の『日本代表 ベストイレブン』をセレクト!
王者の惨敗、開催国の意地、VAR、追放、賭け、乱入…ロシアW杯で起きた16の出来事
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです