メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊訴訟 報告会で国の態度批判 日程に手応えも /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)を巡る国家賠償請求訴訟で、12日に仙台地裁であった第3回口頭弁論の後に報告会が開かれた。当事者や自身も障害のある人など、裁判を傍聴したさまざまな人が思いを語った。

 原告側弁護団長の新里宏二弁護士は口頭弁論の日程が年度内の3月20日まで順次決まったことに触れ、「裁判所も被害の重大性を考慮して、急ピッチで進めてくれている…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  4. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  5. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです