メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「ヒトラーと戦った22日間」 ホロコースト映画注目の中、封切り /東京

「未来の視点」持ち、歴史学んで 法政大教授・金原瑞人さんに聞く

 第二次世界大戦下のナチスが、現ポーランド東部に建設したソビブル絶滅収容所で起きた脱出劇を描いた映画「ヒトラーと戦った22日間」が日本で封切りとなった。ソ連軍将校らによる1943年の蜂起が題材だが、今なぜホロコースト(ユダヤ人大虐殺)映画が注目されているのか。訳書「ナチスに挑戦した少年たち」が話題の法政大学教授、金原瑞人さん(63)に聞いた。【鈴木美穂】

 戦後73年が経過し、戦争体験者も少なくなるなか「映画や小説を通し、忘れてはならない歴史を学ぶことが…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1300文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです