メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中首脳会談

中国に対米思惑 交渉カード、日本を厚遇

 中国は米国の同盟国である日本との関係改善を、貿易戦争を仕掛けるトランプ米政権に対する「交渉カード」として活用したい思惑がある。中国外務省によると、習近平国家主席は安倍晋三首相との会談で「双方は自由貿易体制を擁護し、開放型の世界経済の建設を推進しなければならない」と訴えた。

 習氏が提唱してきた現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」では、日本との協力拡大に期待感を示した。一方、歴史認識や台湾問題では「適切な処理」を求めた。今後の日中関係について、「穏中有進(安定の中で進歩を遂げる)」と方向性を示した。

 習氏に次ぐ中国共産党序列2位の李克強首相も12日、日本の財界首脳で構成する日中経済協会(会長・宗岡…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです