メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

郵便配達

平日のみ検討 配達員の負担軽減 総務省

 総務省は、手紙やはがきなど郵便物の土曜日の配達を取りやめ、平日のみとする方向で検討を始める。人手不足で配達員の負担が増えていることに対応する。今後、有識者会議で議論するが、利用者にとってサービス低下につながる懸念もあり、反発の声が上がる可能性もある。

 郵便物の配達については郵便法で「週6日」と定め、省令で「月~土曜に1日1回の配達」を義務付けている。このため、土曜日の配達をやめる場合は郵便法改正が必要となる。

 日本郵便によると、電子メールや対話アプリなどの普及もあって2017年度の国内郵便物の引受数は172…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです