メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

米にらむ巨大演習=坂東賢治

 <moku-go>

 1980年に誕生したポーランドの自主管理労組「連帯」は東欧民主化の先駆け的存在だった。旧ソ連には不愉快な動きだったのだろう。翌81年9月、ソ連軍はポーランドに近い地域で大規模な軍事演習を実施する。

 10万人以上が参加し、ソ連史上最大の演習といわれた「ザーパド(西方)81」だ。「連帯」の大会に合わせた日程で、ポーランドに圧力をかける狙いが明らかだった。

 演習から3カ月後、同国のヤルゼルスキ政権は戒厳令を発令し、ワレサ委員長ら連帯幹部の逮捕に踏み切る。…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文983文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 
  2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  3. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手
  4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
  5. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです