メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中間選挙2018

トランプ氏、災害対応アピール 大型ハリケーン接近「費用いくらでも」

大型ハリケーン「フローレンス」の関連会合で発言するトランプ米大統領=ホワイトハウスで11日、AP

 【ワシントン高本耕太】米政府が東海岸上陸が予測される大型ハリケーン「フローレンス」への備えに全力を挙げている。トランプ大統領は、11月投開票の中間選挙に向け週内に予定していた二つの支持者集会をキャンセル。昨年、後手の対応を批判された米自治領プエルトリコのハリケーン被害を意識し、災害対応最優先の姿勢をアピールしている。

 「費用はいくらかかっても支払う」。11日、ホワイトハウスで開いた防災担当者らとの会合を報道陣に公開…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです