メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊訴訟 憲法への適合性、国側が主張回避 仙台地裁

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき10代で不妊手術を強制されたとして、宮城県の60代と70代の女性2人が起こした国家賠償請求訴訟の第3回口頭弁論が12日、仙台地裁(中島基至裁判長)であった。国側は、不妊手術の正当性や法律の憲法適合性への見解について「主要な争点ではない」と改めて主張を回避した…

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文286文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  4. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです