メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

停電の町 札幌市厚別区・白佐俊憲(無職・80歳)

 日没時、手稲山に沈む太陽が紫色に見える。ベランダに出て珍しい光景を見つめた。9月6日午後5時40分。

 日が沈むにつれて、山頂のテレビ塔群のシルエットがはっきりしてきた。すべてがいつもと違う。手前に輝くはずの札幌市の中心部は黒いビル影にすぎない。町中が停電している。

 山陰に太陽が沈むと、急に暗くなった。見下ろす南方約100メートル先の交差点が明るくなっている。すぐそばのコンビニでは昼間から続く行列がいまだに解消していない。午後6時20分。

 十字路に目を移すと4人の警官が交通整理に当たっている。誘導棒を持ち、甲高く笛を吹き信号の代わりを務…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです