メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

電動航空機、次世代へ注目 騒音も温室ガスも少なく

 ジェット機などより低騒音で、温室効果ガスの排出も少ない次世代の飛行機として、電気モーターを動力源とする「電動航空機」が注目を集めている。国内でも、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や大学、航空・電機メーカーなどが協力し開発に乗り出した。【斎藤有香】

 ●産官学連携図る

 「2040年代には150人乗りの旅客機を電動化したい」。今年7月、航空機の電動化を目指し、産官学が連携を図る「ECLAIR(エクレア)コンソーシアム」の発足説明会で、事務局の西沢啓・JAXA次世代航空イノベーションハブマネジャーは、今後の目標についてこう明かした。

 電動航空機は、化石燃料を燃焼させるエンジンの代わりに電気モーターでプロペラを回して飛ぶ。電気は航空…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです