メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東都大学野球

秋季リーグ 亜大が大量11点

 東都大学野球リーグ第2週第2日は12日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、亜大が中大に11-2で圧勝し、立正大は国学院大に2-1で逆転勝ちして、ともに1勝1敗とした。

 亜大は正随(4年・大阪桐蔭)が一回の2点適時打と四回の3点二塁打を放つ活躍。立正大は先発の釘宮が8回1失点と好投した。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文297文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです