メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クボタ

消耗部品検査数値改ざん 13年以降、85社納入

記者会見を終えて、頭を下げるクボタの木股昌俊社長(中央)ら=大阪市北区で2018年9月12日午後4時45分、加古信志撮影

 クボタは12日、鉄鋼メーカーに出荷した、金属の塊を引き延ばして鋼板などにする設備用の部品について、出荷前の検査で実際の結果とは異なる数値を検査成績書に記載するなどの不正があったと発表した。2013年10月以降、部品の硬さの数値を改ざんしたものだけで総出荷量(2万1035本)の約17%に当たる3512本あり、納入先は国内外の計85社に上る。

 問題の部品で造られた鋼材の品質などへの影響は現時点で確認されていないとしている。木股昌俊社長は記者…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです