メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北連絡事務所

開城で14日に開所式

 韓国統一省は12日、北朝鮮・開城に設置する南北共同連絡事務所の開所式を14日に実施すると発表した。事務所には南北の当局者が常駐、韓国側の所長には統一省の千海成次官が任命され、北朝鮮側は祖国平和統一委員会の副委員長が就くという。事務所の設置は史上初で、南北は今後、常時意思疎通できるようになる。韓国政府は、南北関係の改善が米朝の非核化交渉を後押しするとの考えを示している。

 連絡事務所は南北当局者の交渉や実務協議、民間団体の交流を支援する機能も担う。南北間の連絡は24時間…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです