メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空連絡橋

壊れた橋桁1本、クレーン船で撤去

損傷した橋桁が撤去された関西国際空港の連絡橋=2018年9月12日午後3時31分、幾島健太郎撮影

14日までに作業終了予定 全面的通行時期の見通し立たず

 台風21号の影響でタンカーが衝突し、通行が制限されている関西国際空港の空港連絡橋で12日、壊れた橋桁の一部が撤去された。橋を管理する西日本高速道路は14日までに作業を終える予定だが、全面的に通行が可能になる時期の見通しは立っていない。

 西日本高速は、損傷した下り線の橋桁2本(計187メートル)を撤去し、その部分だけ架け直すことにしている。12日はクレーン船で1本をつり上げて台船に載せた。今後、メーカーの工場に運び、損傷の状況などを調べる。【山口知】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです