メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
今治・受刑者逃走

27歳被告に懲役6年を求刑

松山地裁で求刑公判 判決は28日

 愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から今年4月に脱走し、約3週間にわたって逃走したなどとして、単純逃走、窃盗などの罪に問われた平尾龍磨被告(27)の公判が12日、松山地裁(末弘陽一裁判長)であり、検察側は懲役6年を求刑した。判決は28日。

     検察側は論告で、逃走の動機について、規律違反で受刑者による自治会の委員から外されるなどし、自尊心が傷ついて挫折感を抱いたためと説明。平尾被告が「作業場の問題点を世間に知らしめたかった」と主張したのは「後付けの理屈にすぎない」と指摘した。弁護側は刑務所の対応にも問題があったと訴え、寛大な判決を求めた。

     起訴状などによると、平尾被告は4月8日午後6時ごろ、同作業場の寮舎1階の窓から逃走。同30日に広島市内で逮捕されるまでの間、今治市の住宅で現金や乗用車を盗んだほか、広島県尾道市の住宅などで原付きバイクなどを盗んだとされる。【中川祐一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
    2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
    3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
    5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです