メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都地裁

法廷の手錠腰縄は適法 受刑者の賠償請求を棄却

 刑事裁判に手錠・腰縄を付けたまま入退廷させられたのは無罪推定の原則に反し、精神的苦痛を受けたとして男性受刑者(58)が国に10万円の賠償を求めた訴訟の判決が12日、京都地裁であった。久保田浩史裁判長は「裁判官や傍聴人が手錠・腰縄姿を見て直ちに有罪との印象を抱くとは言えない」などと述べ、請求を棄却した。

 判決によると、男性は2015年に覚せい剤取締法違反などの罪で起訴され、16年まで同地裁で公判に5回…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文452文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです