メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天神3.8億円強奪

「10人が役割分担、周到に準備」

福岡地裁で初公判 事件で10人起訴、初の審理入り

 福岡市中央区天神の駐車場で昨年4月、金塊買い付け資金3億8400万円が奪われた事件で、強盗傷害と強盗予備の罪に問われた東京都葛飾区の会社役員、東房(とうぼう)義昭被告(45)の裁判員裁判の初公判が12日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。東房被告は「現金を奪うことは共謀したが、暴行するとは思っていなかった」と起訴内容を一部否認。弁護側も「強盗の故意はなく、窃盗罪にとどまる」と主張した。事件では東房被告ら10人が起訴されたが、審理入りするのは初めて。

     検察側は冒頭陳述で、10人が事前に役割分担をして周到に準備していたと強調。このうち小菅誠被告(42)=強盗傷害罪などで起訴=が「ある会社が金塊を密輸入している。奪う金は2億~7億円」と東房被告に現金強奪を持ちかけたと主張した。

     東房被告は「橋渡し役」として旧知の小野田友一被告(42)=同=に強奪を依頼。小野田被告らの指示の下、残る被告が▽現場統括役▽催涙スプレーでの襲撃役▽スタンガンでの襲撃役▽見張り役▽運転役--などに分かれて実行し、現金は事前の取り決めに従って配分したと指摘した。

     これに対し、弁護側は、東房被告が「暴行せずに盗める」と考えていたとしたうえで、実行役の具体的手口を知らなかったとして強盗傷害罪の成立を否定した。【平川昌範】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
    2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
    3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
    4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
    5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです