メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天神3.8億円強奪

「10人が役割分担、周到に準備」

福岡地裁で初公判 事件で10人起訴、初の審理入り

 福岡市中央区天神の駐車場で昨年4月、金塊買い付け資金3億8400万円が奪われた事件で、強盗傷害と強盗予備の罪に問われた東京都葛飾区の会社役員、東房(とうぼう)義昭被告(45)の裁判員裁判の初公判が12日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。東房被告は「現金を奪うことは共謀したが、暴行するとは思っていなかった」と起訴内容を一部否認。弁護側も「強盗の故意はなく、窃盗罪にとどまる」と主張した。事件では東房被告ら10…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです