メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

A滑走路とT1、早ければ14日にも部分再開

滑走路が浸水した関西国際空港=本社ヘリから幾島健太郎撮影

 台風21号の高潮による浸水被害を受けて閉鎖されている関西国際空港の第1ターミナル(T1)とA滑走路について、関空を運営する関西エアポートは12日、早ければ14日にも部分的に再開できるとの見通しを明らかにした。T1の地下の電源施設が海水につかり大規模な停電が続いていたが、12日深夜から通電テストを実施。安全が確認できれば、13日午後に発表する。

 一方、台風の影響でタンカーが衝突し、通行が制限されている空港連絡橋では12日、壊れた橋桁の一部が撤去された。管理する西日本高速道路は14日までに作業を終える予定だが、全面的に通行が可能になる時期の見通しは立っていない。【蒲原明佳、山崎征克、山口知】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです