メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁

硫黄島で海底噴火か 自衛隊機が水の噴出確認

 気象庁は12日、東京の硫黄島で海底噴火が発生したとみられると発表した。自衛隊機による観測で、島の南側の沿岸で海水が海面から5~10メートルの高さで噴き出しているのが確認されたという。

     気象庁によると、硫黄島では8日午前2時ごろから火山性地震の多い状態が続き、11日午後8時時ごろから火山性微動も起こっている。火山活動が活発化しており、今後も噴火する恐れがある。

     硫黄島は海上、航空両自衛隊の基地があり、民間人の上陸は制限されている。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
    2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
    4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです