メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

国側が憲法適合性、改めて主張回避

仙台地裁で第3回口頭弁論

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき10代で不妊手術を強制されたとして、宮城県の60代と70代の女性2人が起こした国家賠償請求訴訟の第3回口頭弁論が12日、仙台地裁(中島基至裁判長)であった。国側は、不妊手術の正当性や法律の憲法適合性への見解について「主要な争点ではない」と改めて主張を回…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです