メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空被害

インバウンドに暗い影 キャンセルでホテル悲鳴

新幹線が便利な京都では外国人観光客の姿は相変わらず目立つが、関西国際空港の被災により減ったという声も聞かれた=京都市東山区で2018年9月12日午後0時47分、川平愛撮影

「首都圏から新幹線」の京都は「影響は限定的」の見方も

 台風21号で浸水した関西国際空港の被災が、インバウンド(訪日外国人)に沸いていた関西各地の観光地に影を落としている。大阪や神戸、奈良では宿泊キャンセルが相次ぐホテルから悲鳴が上がる一方、首都圏から新幹線で訪れる観光客が多い京都は「影響は限定的」という見方も。関空への依存度が明暗を分けている形だ。

 関空と鉄道で直結する大阪市内の影響は深刻だ。大阪城天守閣(中央区)は4日以降、1日の入館者数が30…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1017文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです