メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高浜原発

3号機、作業員が計画線量超す被ばく

高浜原発3号機=本社ヘリから西村剛撮影

 関西電力は12日、定期検査中の高浜原発3号機(福井県高浜町)で、下請け会社の50代男性作業員が今月10日の点検中、作業計画で決められた1日当たりの放射線量(0.9ミリシーベルト)の2倍を超える1.81ミリシーベルトを被ばくしたと発表した。線量が超過した場合に警告音を出す線量計のイヤホンを作業員が付けておらず、管理者も作業内容の確認が不十分だったという。関電は敦賀労働基準監督署に報告した。

     作業員の今年度の累積被ばく線量は4.11ミリシーベルト(法令による年間上限は50ミリシーベルト)で、関電は「内部被ばくはなく、健康に影響はない」としている。関電によると、作業員は放射線量が高い1次冷却水の大型弁の近くで点検に従事していたが、「被ばく線量は高くならない」と考えて線量計のイヤホンを使わなかった。下請け会社の管理者は、弁のそばで長く作業することを考慮せず作業時間を設定していた。【高橋一隆】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
    3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
    4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです