メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜

豚コレラ、岐阜県が8月下旬に異変把握

防疫措置の完了を受け、今後の対応方針を協議した対策本部会議=県庁で2018年9月12日午後6時4分、岡正勝撮影

 岐阜市の養豚場で国内では26年ぶりとなる豚(とん)コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は12日、防疫対策本部会議を開き、今月上旬に豚が多数死ぬ前の8月下旬、既に豚の衰弱や死などの異変を把握していたことを明らかにした。これまで県は、今月3日に同市畜産課の獣医師から死んだ豚の検査を依頼され、異常の把握につながったと説明していた。対応の遅れにより被害が拡大した可能性があり、県は今後検証を進める。

 県によると、先月24日、同市畜産課の獣医師から「治療してもよくならない豚がいる」と相談を受け、同日…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです