メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人

山口オーナー、高橋監督の続投示唆

巨人の高橋由伸監督

 巨人の山口寿一オーナーは12日、高橋由伸監督について「私の一方的な意見だが、十分にチームを整えて(高橋)監督には腕を振るってもらいたいと考えている」と話し、来季以降も続投させることを示唆した。東京都内で同日開かれたオーナー会議後に報道陣の取材に応じた。高橋監督は今季、3年契約の3年目。

     巨人は現在3位。山口オーナーは現状について「3年連続で優勝争いができていない。非常に強い危機感がある」と述べた。その上で、高橋監督が今季、岡本ら若手を積極的に起用して成長を促した点を重視。「以前、『今年は若い選手を勇気を持って使う』と話していたが、その姿勢を貫いてくれている。そこを私は評価している」と話した。

     また、入院中の渡辺恒雄元オーナーの意向については「渡辺さんはかねてから高橋監督の力を認めている。十分意見交換しているわけではないが、同じ考えだと思う」と説明した。【岸本悠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
    5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです