メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産ゴーン会長ら逮捕 報酬50億円過少申告の疑い
重量挙げ

協会会長・三宅義行氏にもパワハラの指摘

 日本ウエイトリフティング協会の三宅義行会長(72)が五輪代表の経験がある女子選手に対してパワーハラスメントをしたと3年前に指摘されていたことが明らかになり、日本協会は12日、スポーツ庁に報告した。同庁は調査を求め、協会は第三者委員会の設置を含めて調査方法を検討する意向を示した。

 協会によると、女子選手の指導者からパワハラの指摘があったのは2015年8月。選手が三宅氏から厳しい言葉を浴びせられたなどと指摘する文書が提出された。その時点では三宅氏らを交えて話し合い、収まったが、レスリングや体操の競技団体でパ…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
  5. 金融商品取引法違反容疑 日産のゴーン会長を逮捕へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです