メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スタートアップW杯

起業家、アイデア競う 飯塚・嘉穂劇場で初の九州大会 プレゼン質疑応答、2社が日本予選進出 /福岡

 非上場の起業家がアイデアを競う「スタートアップワールドカップ2019」の初の九州大会が、飯塚市の嘉穂劇場であった。九州に拠点を持つ10社がプレゼンテーションし、空気感染対策の殺菌装置を提案したエネフォレスト(本社・大分市)と外国人観光客向け多言語翻訳サービスを提案したKotozna(本社・東京)の2社が、10月に東京である日本予選進出を決めた。

 この日は応募47社から書類選考で残った10社が、3分間のプレゼンと2分間の質疑応答で新商品のアイデ…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文741文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです